読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旦那様の告白

うちの旦那様とは学生時代からの知り合いで何年かの交際期間を経てから結婚しました。

だから彼の性格とか好き嫌いとか良く知っているつもりでした。

結婚したころの私は料理が苦手で本を見ては作ってましたが、何でも美味しいと言って食べていてくれてました。

それが結婚3年位して料理に少しずつ自信を持ち始めたころからかな、時々「今日の料理、おいしくない」と言われるようになりました。

それも自信を持って出した料理の日によく言われてました。

特に私の大好きな中華味の鍋料理の日は、「この料理無理だわ」と言われました。

どうだめなんだろう?

おいしいと思うけどなぁ・・・

何でなのかわからなかったんだけど、そうなると夫婦の会話もちょっと減って・・・

やっぱり料理が苦手になっていく私・・・

そしてある日決定的な日が・・・

その日の料理はさばの味噌煮。

すると主人は「このさばの味噌煮食べたくないなぁ」

「何でだめなの?」

「俺さぁ実は生姜が嫌いなんだよね」

え~~~聞いてないよ (汗)

驚きました今までそんなこと言ったことないじゃん!

「お前の料理生姜が大きいまま入ってるじゃん」

そうなんです、実は私生姜が大好きなんです。さばの味噌煮にも

少し大きめにスライスした生姜がたくさん入っていて・・・

でも美味しいんですよ、生姜もいい具合に煮付けられて、とても美味しいんです。それが苦手だったなんて・・・

この話私の妹に話したところ、妹も同じようなことがあったそうです。

私の実家のモヤシ炒めは紅生姜入りでほんのりピンク色で美味しいんです。でも妹の旦那様も紅生姜入りはNGだったみたいです。

我が家では当たり前の事でも他の人から見たらまったくおかしな事あるんですね。

我が家の生姜事件は無事解決しましが、(最近は生姜少なめにしております)

うちの主人は、おすし屋さんのガリや紅生姜は意外と好きなんですよ。

それが料理の中に入いるのは嫌だなんて夢にも思いませんでした。

何年も一緒に食事してたけど気がつかなかった・・・

これからもこんなこと色々ありながら夫婦の時間をすごしていくんでしょうね。

些細な事でも何でも話せる夫婦になろうと思った出来事でした。